スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No, No石原都政、これから始まる日本の大掃除

ありとあらゆる事業の裏には政官財の談合が存在して、共通しているのは彼らが利権を分けあう構図。
それを正しく国民に教えてくれるメディアはなく、彼らたちもその仲間という呆れた状況。でも私たちでシビアな目でみて一票としてメディアのもって行こうとする方向をも変える!それが今回の都議選だったと思う。

エコノミストの植草氏のブログ(7月11日付け)に東京都議選について3つの争点が指摘されていた。

政権交代実現を望み、「新銀行東京」、「築地市場の豊洲への移転」を評価しない、オリンピックの東京招致に賛成しない有権者は、国政レベルでの「政権交代実現推進勢力」に1票を投じるべきである。民主、社民がその軸になる

「新銀行東京」も「築地市場の豊洲への移転」も「オリンピックの東京招致」もNO!どうして都議会は唯々諾々と従ってきたのか、それは自公が数を抑えていたから?
それとも本職は 石原裕次郎の兄という人がサイドビジネスとして?知事だから?
周りがみんなNOと言えない人々だったから?

人事・予算・条例の3権限を行使し得るのだから知事は3日やったらやめられない、らしい。
霞ヶ関の官僚体制に操られる国会の大臣センセイ方よりも、遙かにやりたい放題する事が可能なポジションだものね。

東京都の税収は、ベルギーの国家予算並みで、タイの国家予算の2倍近いというニュースを数年前にみた覚えがある。お金のあるうちに、将来の東京都・東京都民のためにやるべきことがもっと他にあるでしょっ。

オリンピックは何のため?
どこかの実体のない産業である広告代理店と建設関係が儲かるだけではないの?

「新銀行東京」は本当に必要な中小企業の役に立っているの?
累積赤字はいったいいくらなの?
だれがツケを払うの?誰がその後ろで高笑いして腹を抱えているの?


オリンピック誘致と新銀行東京でお金は全部でいくら消えたの?
中国からパンダをレンタルして子供達を楽しませてあげたほうがずっとよい使い道ではない?
(2匹で1億っていう額は庶民にとっては高すぎると思うけれど、どんどんこの2つにつぎ込むよりずっとまし)

今は都の管轄ではなくなったけれど、収集まで長時間外に置かれっぱなしのごみ、頭上に渡されている電線の太い束、ついでにサイクリストとしていわせてもらうと、歩道はペケで、車道だと目障りのきわみとして邪険に扱われて行き場のない(走るレーンが少ない)状態はなにさっ。どこが先進国なんだ?

東京都の管轄ではないとしても、首都なんだから、しかるべき官庁なりなんなりに働きかけてもっと景観的にもきれいにして!
街がきれいなこと、安全にも結びつくし、心地よいことが住民にとって何よりのもの。

病院だってそう、日ごろお世話になっている身として見ていても、とても危機的状況だと思う。
教育・福祉・医療を充実させるために公の組織が率先してやらずしてどうするの?
どこかの県もそのあたりの予算をばっさりやって成果をあげたような顔をしていたけれど、手をつけるべきものは別の所にあるはず。

その手のものに手をつけるのが「改革」っていうの?
ちがうでしょ。
2001年に発行されている岩波ブックレット、『暮らしから考える政治―女性・戦争・食 (岩波ブックレット)』の中で姜尚中氏は以下のように書いているのだけれど

「改革」には「痛み」がともなうといっていますが、それは言葉を変えて言えば、「改革」という名の倒錯した「「破壊」が強いる生活破壊の苦しみのことであり、その「痛み」はあまねく社会に等しく分かりもたれるのではなく、偏ってあらわれざるをえません。
具体的には零細・弱小・中小の企業であり、能力・資質・境遇の面で不利な労働者やサラリーマンです。



そのとーりっ。
姜さんの書いていたことが8年後の今、大きな社会問題となっている。
いまだに獅子スタイルヘアの元首相が「首相にふさわしい」などといっている人の気が知れない。
そういえば件の知事さん、姜尚中さんのことを「怪しげな外国人」とか、「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」などと名誉毀損かつ、人種差別撤廃条約にも違反していると思われることを言っていましたねぇ。
ババア発言もあったし、「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする」という発言もありましたっけね。

そういう方が首都のトップ、議会も右にならえ的な状態はNOなんですっ!
予算のあるうちにもっと将来に向けての種まきをしてよっ、それから、選挙のときばかり宣伝カーで走り回ってばかりの議員でなくて、本当に仕事してよっ。

来るべき国政選挙では、もっと大きな変化が起こってほしい。
政権交代して、膿をだして新生日本として生まれ変わってほしい、こんなに素晴らしい国は類を見ないのだから。

そのためには、わたしたち一票をもつ一人ひとりがしっかり目を見開いてみなくちゃ。
もう一回、姜尚中さんの同じブックレットより。


自分たちの家族の生活や糧、財産、将来の生活を左右するような死活的な利害と関係しているのですから、政治家を見る眼はシビアじゃなきゃいけないと思うんです。
僕がいつも思うのは、自分たちの暮らしについてこれほどシビアな女性達が、なぜ政治家を見る眼が甘いのだろうか、ということです。そのギャップをいつも感じています。

そのギャップを今こそ埋めないといけないですね。自分たちの暮らし、利害に関ることにについては、例えば家計を管理する主婦であれば、1円でも安いところに出かけて買い物するのではないでしょうか。そういうシビアさを政治家に向けなければいけないと思うんです。そして政治家はそれを最も恐れているということです。そのシビアな目があれば、政治は良いほうに向いて行くと思います。



そして、植草さんのブログにこれからのポイントが・・・


次期総選挙に向けて重要な戦術が三つある。
?「投票率」を可能な限り高めること
?「政権交代推進勢力」に投票を集中させること
?「偽装CHANGE新党」が創設されても、「偽装CHANGE新党」には決して投票しないこと

この三つを、三大選挙戦術として、政権交代を希求する全国民に徹底的に周知徹底することが必要だ。政権交代実現は、手に届くところにまで近付いてきた。
しかし、最後の最後まで気を抜くことは許されない。
主権者である国民が手を携えて総力を結集しなければならない。




そうだ、そうだ!!。
目にモノ見せてくれようぞ。
敵は手を変え品を変えて、わたしたちの本当の覚醒を妨げようとしているのだから
提灯持ちメディアもあることだし。l

利益誘導型、私腹肥やし型、馴れ合い大好き系、政治団体を使った「課税逃れ」議員、などなど、首を洗って待っていなさい。
へなちょこ議員一掃、在庫整理、今までの膿を出しての大掃除はこれから。

そうそう、
くだんの知事の息子さまの選挙区、東京8区(杉並区)からは、社民党から保坂展人さんが立候補予定。ここで私達のために日夜活動してくれているのは誰なのか?
よく見極めて私達は一票に思いを託すべし、でしょう。
(保坂さんはもう少し笑顔があるともっといいのだけれど。)


マイタウン東京、おらが国ニッポン、もっと堂々と誇れるホームランドになってほしい。

PS
岩波ブックレットから7月7日に出た最新刊、同じく姜尚中さんによる『希望と絆――いま,日本を問う』もおすすめです。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © whatever will be, will be やっぱり明日を信じたい! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。